2010年05月12日

公務員法案、12日採決=衆院委(時事通信)

 衆院内閣委員会は11日の理事懇談会で、国家公務員法改正案の扱いを協議した。12日採決を求める与党に対し、野党は「審議不十分」と反発して物別れに終わったが、与党は同日中に採決する方針。同改正案は同日中に内閣委で可決され、13日に衆院通過する見通しだ。
 改正案は、中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」を内閣官房に設置することが柱。民主党の国対幹部は11日、「野党が反対しても、委員会で採決する」と述べた。 

【関連ニュース】
増額分、全額現金は見送り=子ども手当
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定
参院選マニフェストで攻防へ=政府・民主が修正めぐり対立
公務員人件費の2割削減明記=政権公約で報告書
来月中旬に閣議決定=国家公務員の採用抑制

石破氏、普天間移設「自民も独自案を検討」(産経新聞)
「としまえん」遊具から15歳少年転落 フライングカーペット、5メートル下に(産経新聞)
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
郵便局から融資金詐取=弟装い計2460万か−容疑で50歳男逮捕・警視庁(時事通信)
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕(産経新聞)
posted by ドシダ セイジ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。